HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

門柱・エントランス

エクステリア工事完成写真・施工例 > 門柱デザイン エントランス

上品に建物に寄り添う門構え
上品に建物に寄り添う門構え

建物にそっと寄り添うようになじむデザインの門柱。門柱の足元は植栽ができるように土のスペースを作ってありますので、住まい手様の好きな植栽で、お家の顔を彩って頂ければと思います。

清潔感のある素材にアクセント
清潔感のある素材にアクセントを

白の塗り壁にモザイクタイルと、清潔感のある素材に、枕木と赤のポストでアクセントを付け、シンプルでナチュラルな門柱にデザインしました。

赤いポストがアクセントに
赤いポストをアクセントに

玄関の木目に合わせて天然木のフェンスとブラウンのレンガを使用し、統一感を出しました。赤いポストがアクセントになり、ポストが印象的な外構になっています。

重厚感のある門まわり
重厚感のある門まわり

アプローチの鉄平石と自然石の門柱で、重厚感のある門まわりにデザインしました。アプローチを挟んで反対側にアルミ柱のアクセントを設置し、門柱と対になるように、また、統一感を持たせています。

手すりを設置 デザイン性
手すりはデザインのスパイス

高低差のある敷地では階段の段数が多くなり、安全面から手すりを設置するケースはよくあります。線の細い印象の手すりはそれだけでデザイン性があり、設けることでおしゃれな空間を演出することができます。

コンクリートデザインの門柱
Simple is best.

シンプルでも存在感のあるコンクリートデザインの門柱。表札はシンプルだけれど力強いデザインのものを。多くを語らないことが美しい、大人のデザインです。

四季を感じやすいエントランス
ナチュラルシンプル

淡いグリーンのタイルに映り込むシンボルツリーの影。門柱前に落葉樹を設けることで、四季を感じやすいエントランスになりました。

シンプル コンクリート打ちっ放し風
シンプルで主張しすぎない門柱

コンクリートの打ちっ放し風がお好きというご要望と、建物の外観を活かした外構にしたいというご要望を含め、シンプルで主張しすぎない門柱に仕上げました。ラフに敷かれた枕木のアプローチでシンプルながらも自然なイメージになっています。

クラシカルな門周り
クラシカルな門まわり

建物レンガに合わせエクステリアにもレンガを多用し、統一感が出るようにプランしました。門柱でメインアプローチと車へと行く導線を区切った形になっています。

11800121
デザイン+目隠しの役割

幅広の門柱は家を堂々とした印象にします。門柱の裏手は自転車置場になっていますが、表からは見えず、スキッとした見た目に納めています。


大人の遊び心いっぱいの門柱

アメリカンのラフなかっこよさを感じさせる外構にしたいとのご要望でした。釣り人表札や丸窓が特徴的なポストなど、アイテムに遊び心をちりばめた、住まい手様ならではの門まわりになりました。

さりげないデザイン

ナチュラルな色合いの天然石をアクセントにした門柱。裏には自転車置場を設け、玄関付近の為、使いやすいうえ門柱と植物で自転車を隠すように計画しました。

黒で統一
黒で統一

建物とのバランスを考え、エクステリアは黒で統一しました。単調にならないように、違う素材を組合せ、また凹凸をつけました。ガラスブロックや小物使いで、スタイリッシュな印象になるようにしています。

ナチュラルかつおしゃれに

ナチュラルかつおしゃれに
ポップな色がお好きなお施主様。黄色のポストに枕木、シンプルな切文字表札を合わせて、ナチュラルながらもシンプルでおしゃれな門まわりに。


自然石のラインでアクセントを
目隠しを兼ねたボリュームのある門柱。アプローチと同じ自然石でラインを入れ、アクセントにしています。淡い自然石のアプローチに緑が引き立ちます。

コーディネート
白い外壁に木目の玄関ドアがアクセントのお家に合わせ、外構もスッキリとした白を基調に木目のポストでコーディネート。
シンプルですが雰囲気のある外観に仕上がりました。

夜の我家
シンボルツリーの根元にスポットライトを仕込んで、建物の外壁へやさしく映り、道路から距離がある門柱付近にも照明を設け、光で道路側から門柱へとつながりが出るように計画しました。

色のトーンを統一
門柱・アプローチ・予備ガレージともにトーンを統一。
建物のアクセントになっている、ステンカラーのデザインを門柱にも取り入れて立体的かつ一体感を出しつつ、
異素材のガビオンが空間に変化を与えてくれます。

1 / 1712345...10...最後 »