HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

春からスタート!ガーデニング初心者にもおすすめの宿根草
2015年3月7日




春からスタート!ガーデニング初心者にもおすすめの宿根草

季節ごとに花が咲き乱れる庭に憧れて、今年こそガーデニングを始めたいと思っている人も多いことでしょう。そんなガーデニング初心者にも選んでほしいのが、宿根草の栽培です。宿根草は植えておくだけで毎年花を咲かせてくれる、丈夫で育てやすい植物です。そんな宿根草のなかから、春から初夏にかけておすすめの草花をピックアップしました。これから毎年春の訪れが楽しみになりますよ!

宿根草とは

20141120image2

1年で枯れることなく、毎年季節がくると花を咲かせてくれる植物のことを宿根草とよびます。冬場に地上部は枯れてしまっても根株が残り、春になって再び芽吹いて育つ植物から、常緑のものまで幅広い種類のものがあります。

0宿根草の魅力

1度植えてしまえば、何もしなくても毎年花を咲かせてくれる丈夫なところが宿根草の最大の魅力です。あまり手をかけずに季節ごとの植物を楽しむことができます。暑さ寒さにも強く、日蔭でも育つものがあります。大輪で華やかな芍薬から、はかなげな小さな花をつけるわすれな草やすずらんまで非常に多くの種類があり、ナチュラルな花いっぱいの庭づくりをすることができますよ。

春から始めるおすすめの宿根草

これからの季節、春から初夏にかけて植えられるおすすめの宿根草をご紹介します。

0
マーガレット

黄色の花芯と白い花びらがかわいらしいマーガレットは、キク科の宿根草です。日当たりの良いところに置くと、春から秋にかけて花を咲かせ、庭に彩りを添えてくれます。寒さの厳しい地域以外では戸外で越冬が可能ですが、高温多湿に弱いので、夏場は直射日光を避け、1年を通して乾燥気味に育てるといいでしょう。9月頃に大きく刈りこむと、翌春の花つきが一層良くなります。

0
イベリス

別名「キャンディタフト」とも呼ばれるイベリスは、春になると1㎝ほどの小さな白い花がまとまって、まるで砂糖菓子のようなかわいらしい花を咲かせます。草丈が低く地面を覆うように広かるので、花壇の足元部分に植えるのが効果的。日当たりのよい、水はけのいい土壌で良く育ちます。

0
アスチルベ

初夏の庭を彩ってくれるアスチルベは、円錐の形にふわふわした花穂を伸ばす、はかなげでかわいらしい花です。冬は落葉して地上部はなくなってしまいますが、春からこんもりと茂ってくる葉の部分がとても魅力的です。半日陰の場所で良く育ち、5月から7月にかけて花を咲かせます。夏場に水切れを起こさないように注意しましょう。

0
サルビア・ガラニチカ

ハーブの一種で、濃い青色の花が美しいサルビア・ガラニチカも、丈夫で育てやすい宿根草のひとつです。寒さや暑さにも非常に強く、春から秋にかけて花を咲かせ、大きな株へと成長します。違う種類のサルビアを組み合わせて色とりどりでかわいらしい雰囲気を作ってもいいですね。紫色のコントラストを楽しむために、クレマチスやエンジェルリングなど、薄い紫や赤紫といった同系色の花を咲かせる植物春から始めるおすすめの宿根草を取り混ぜるのも一押しです。

宿根草の開花とともに迎える春の訪れ

7

毎年季節ごとに花を咲かせてくれる宿根草。特に春がくるとともに花を咲かせる宿根草は気持ちを華やがせてくれることでしょう。あなたの庭にもたくさんの宿根草を植えて、春が訪れる楽しみを増やしてみてはいかがでしょうか?

コラム Disigner’s eye 外構デザインの視点から

こんな記事も読まれています