HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

西海岸スタイルで外構をスタイリッシュに変身させよう!
2016年4月9日




西海岸スタイルで外構をスタイリッシュに変身させよう!

最近、ファッションやインテリアで人気の高い「西海岸スタイル」をエクステリアにも採り入れてみませんか? 本格的なリフォームからちょっとした小物選びまで、外構をスタイリッシュに変身させることができる西海岸スタイルのポイントをご紹介します。

西海岸スタイルとは?

西海岸スタイルは、ロサンゼルスやサンフランシスコといったアメリカ西海岸のライフスタイルのことで、カジュアル&ラフでありながらスタイリッシュという特徴をもっています。年間を通して温暖でからっとした気候の西海岸では、トラッドテイストが中心の東海岸に比べてどこか開放的でリラックス感が漂うというスタイルの違いがあり、ファッションからインテリアまで幅広く注目を集めています。

西海岸スタイルは色選びから

西海岸スタイルは、ロサンゼルスやサンフランシスコといったアメリカ西海岸のライフスタイルのことで、カジュアル&ラフでありながらスタイリッシュという特徴をもっています。年間を通して温暖でからっとした気候の西海岸では、トラッドテイストが中心の東海岸に比べてどこか開放的でリラックス感が漂うというスタイルの違いがあり、ファッションからインテリアまで幅広く注目を集めています。

西海岸スタイルの重要な要素のひとつは「色」です。ホワイト、ブルー、そしてウッド(木目)を基調として、アンティークテイストやマリンテイストをミックスしていきます。使う色の分量や仕上げを変えることで、自分好みのスタイルに仕上げることができます。あまりきっちりと作り込みすぎず、どこか肩の力が抜けた感じに仕上げるのがコツです。

0サーフ系

ホワイトの面積を多めに配分するのがポイントです。室内なら壁紙や腰板、外構ならフェンスやテラスの色をホワイトにします。ブルーのグラデーションになるよう、ライトブルー、スカイブルー、ネイビーなどの小物を選び、最後に大きめのグリーンを添えて、ゆるっとしたリラックス感を演出しましょう。

0ワーク系

濃いめのブラウン系ウッドの面積を多めに配分します。室内ならフローリングや家具をウッドで統一し、外構ならレンガやアイアンなど少し落ち着いた色を採り入れましょう。わざとムラ塗りしたり、サビや汚しを入れたりするアンティーク仕上げを施すとより雰囲気が出てきます。

アイテムで魅せる西海岸スタイル

基本の色使いをおさえたら、実際にアイテムを選んでいきましょう。外構を大胆にリフォームするなら、ガーデンテラスや格子窓の増設がおすすめ。実際にアメリカ西海岸の定番スタイルとして、ポーチとよばれるテラスが設けた家が多く見られます。テラスや格子窓はサーフ系スタイルなら白、ワーク系スタイルならウッド調を選ぶことでよりイメージに近づきます。

プチリフォームなら、ウッドを白いペンキでアンティーク加工したポストやビンテージ感のある立水栓など、外構のキーアイテムを西海岸スタイルに変えると全体的な雰囲気作りができます。ほかにもマリンスタイルのガーデンライトやアルファベット表記の表札など、ポイント使いをするだけでも雰囲気はがらりと変わります。そんなアイテムのそばにさりげなくエアプランツをハンギングしたり、グリーンを詰めたブリキ缶を置いたりして、小物でリラックス感を演出するのも効果的です。

居心地のよい力の抜け感が西海岸スタイル演出のカギ

飾りすぎず、気取りすぎずというのが西海岸スタイルのポイント。上手に採り入れれば、さわやかな潮風が通り抜けるようなリラックス空間になるでしょう。外構でちょっと差をつけたいなら、西海岸スタイルをおすすめします。

コラム Disigner’s eye 外構デザインの視点から

こんな記事も読まれています