HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

エコでおしゃれなエアコン室外機の隠し方
2016年8月29日




エコでおしゃれなエアコン室外機の隠し方

丹精込めて作り上げた自慢の庭。でも、どこか違和感があると思ったことはありませんか? それはエアコンの室外機のせいかもしれません。そこで今回は、庭のイメージに合わないエアコン室外機にカバーをかけて、おしゃれに変身させる方法をご紹介します。室外機カバーは、見た目だけでなく節電効果も期待できるすぐれモノです。

エアコン室外機カバーの省エネ効果

エアコンは冷房の場合、部屋の中の熱い空気を室外機から排出することで、室温を下げていきます。室内から集められた熱い空気は室外機で圧力をかけられ、外気よりも高温な熱風となって排出されるのです。暖房の場合は、反対に冷気を排出して室温を上げていきます。エアコンを使っているときは、室外機にはかなりの負担がかかっており、夏は過熱、冬は凍結が心配されます。
そんな室外機の負担を減らしてくれるのが、室外機カバーです。室外機にカバーを付けることで、以下のようなメリットがあります。

0夏の直射日光を遮りオーバーヒートを防ぐ

冷房中は室外機自体が熱を帯びるため、さらに夏の強い日差しをを受けるとオーバーヒートの可能性があります。室外機カバーで直射日光を遮ることで、室外機が過熱するのを防ぎます。

0積雪の影響を軽減する

雪が室外機の通気口をふさぐと、暖房効率が下がってしまいます。室外機カバーで室外機周辺への積雪を防ぐことで、エアコンの機能への影響を軽減することができます。

0異物の侵入を防ぐ
室外機にゴミや異物が入り込むと、空気の排出能力が落ちてしまう可能性があります。室外機カバーで異物の侵入を防ぐと、冷房・暖房の効率を維持できるだけでなく、室外機の寿命を延ばすことにもなります。
0 節電効果

室外機の負担が軽減されることで、エアコンによる電気の使用量が減ります。

エアコン室外機カバーを自作するポイント

室外機カバーは、木製、竹製、アルミ製など、さまざまなタイプが市販されています。しかし、庭の雰囲気や間取りにぴったりと合うものは、なかなか見つけることができないかもしれません。
そこで、DIYで自作してみるのはいかがでしょうか。例えば、南仏風の庭なら白のイメージで、和風の庭なら落ち着いた黒のイメージで仕上げると、庭の雰囲気にもマッチするでしょう。
なお、エアコンカバーを自作する際のポイントは、空気の排出を妨げないようにすることです。格子状や大きめの網状など、空気の通り道を十分に確保できる構造にしてください。

エアコン室外機カバーで庭のイメージアップと節電を

庭のイメージを損なわないように、室外機を上手に隠せるエアコン室外機カバー。エアコンが正常に機能するようにサポートするだけでなく、省エネ効果が期待できる実用面も見逃せません。エコでおしゃれなエアコン室外機カバーの設置を、検討してみてはいかがでしょうか。

コラム Disigner’s eye 外構デザインの視点から

こんな記事も読まれています