HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

塗るだけで外構の汚れを一掃!
2016年12月6日




塗るだけで外構の汚れを一掃!

外構のブロック塀は、新築時にはきれいでも時間が経つとともに汚れてきます。特に、染みこんだ黒ずみはとてもがんこで、落とすのをあきらめてしまう方が多いかもしれません。とはいえ、そのまま放置していては、外構の見た目だけでなく家全体の印象まで悪くなってしまいます。そこで今回は、ブロック塀の汚れを手軽にきれいにできるメンテナンス方法をご紹介します。

ブロック塀の黒ずみの正体は?

ブロック塀は日々ほこりや排気ガス、雨などにさらされており、汚れが蓄積されてます。なかでも黒ずみの主な原因となるのがカビです。ブロック塀にはカビが発生しやすく、特に日当たりが悪く湿気の多いところは、すぐにカビが繁殖してしまいます。しかも、一度発生したカビは、対策を講じないと広がる一方です。また、カビによってアレルギーや感染症を発症する可能性があるため、人体への影響も見過ごせません。外構の美観のためにも、健康のためにも、カビを発見したら早めに対処したいところでです。

ナノテクノロジーで外構ケア

外構の汚れ・カビ対策というと、専門の業者に依頼して本格的な洗浄機器やクリーニング剤が必要なイメージがありますが、一般の人でも手軽に使えて効果の高いメンテナンス用品があります。外構ケアにナノテクノロジーを取り入れた「煌庭」シリーズです。「煌庭」シリーズにはナノ粒子が含まれており、建材の表面にある目に見えないほどの細かな孔にまで深く入り込みます。そして、建材の表面と化学結合することで汚れから守ったり、汚れを分解したりするのです。
「煌庭」シリーズは環境基準に厳しいといわれるヨーロッパで研究開発されており、建材を傷めず人体にも無害な水性液剤です。専門知識を持たない人でも手軽に扱えることから、注目されています。

塗るだけで表面の汚れをセルフクリーニングする「煌庭『盾』」

排気ガスやタバコの煙、カビといった日々の汚れをセルフクリーニングしてくれるのが、「煌庭『盾』」です。ナノ粒子が光に当たることで生成される成分が、外構の汚れの原因となる有機化合物を酸素や水に分解して無害化します。汚れの付着防止にもなり、一度塗布すると5年間は効果が持続するので(いい状態を保つには3年ごとのケアを推奨)、時間のない忙しい人も安心して使えるケア用品といえそうです。さらに、「煌庭『盾』」を500平方メートルに塗布すると、イチョウの木20本分と同等の空気清浄効果があるといわれています。

カビを落とすだけでなく予防もできる「煌庭『浄』」

「煌庭『浄』」は、ブロック塀に発生したカビやコケのクリーナーです。カビ洗浄剤の多くは漂白剤で、一時的にカビを落とすことはできても生き残った菌から再びカビが発生します。そればかりか、洗い残しの漂白剤がカビの栄養になってしまうのです。「煌庭『浄』」はカビの菌に直接作用し、根元から死滅させます。ケアの方法は原液のままカビの上から塗るだけで、こする必要はありません。そのまま24時間ほど放置すると、しだいにカビの死骸が浮き出てきます。浮き出た死骸によって、一時的にひどく汚れて見えることがありますが、1週間ほどが過ぎればまるで新築時のようなブロック塀が現れます。その後は、半年ごとに希釈した「煌庭『浄』」を塗布しましょう。カビやコケの発生を防ぎ、美しい状態を保つことができます。

塗るだけの外構ケアでメンテナンスの手間を最小限に

休日に時間をかけて外構メンテナンスをしている方が多いのではないでしょうか。塗るだけで汚れをきれいにできる「煌庭シリーズ」を使えば、外構のお手入れに関する悩みを解消できそうです。いつまでもきれいな家で安心して暮らせるように、手軽な外構ケアを始めてみましょう。

お住まいの外構ケア  煌庭

コラム Disigner’s eye 外構デザインの視点から

こんな記事も読まれています