HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

オープン外構、クローズ外構ってなに?
2014年7月13日




オープン外構、クローズ外構ってなに?

家のプランを作成中、エクステリアについて調べていくと、「オープン外構」や「クローズ外構」という言葉に出会うことがあると思います。
これは、外構のスタイルを表す言葉で、庭や建物などを含めた家全体のプランに大きく影響する重要なポイントです。それぞれの特徴を知っておくと、計画中のエクステリアをより理想に近づけていくことができるでしょう。
今回は、このオープン外構、クローズ外構とは何かをご紹介します。

オープン外構とクローズ外構の違い

「オープン外構」とは、
敷地の内と外を分ける塀や門扉で家の周りをぐるりと囲うことをせず、道路面に対して開放的にする外構スタイルです。欧米ではよく見られる様式で、敷地と道路の区別は、床面に使用する素材の違いや植栽などによってつけます。建物の洋風化にともない、日本でもこの様式が見られるようになってきました。

オープン外構1オープン外構2

「クローズ外構」とは、
敷地の内と外を分ける塀やフェンスなどを境界線上すべてに設置し、家の周りをぐるりと囲う外構スタイルです。外からの視線を遮断するような背の高い塀を設けることもあります。

クローズ外構1クローズ外構2

それぞれのスタイルに、どんな特徴があるのか、もう少し詳しくみていきましょう。

オープン外構の特徴

7

オープン外構は、なんといっても開放感があるのが一番のメリット。敷地内に光が入りやすく、明るい雰囲気になります。門扉や塀を設置しない分、コストを軽減しやすいという特長もあります。また、外部からの侵入者が隠れる場所がないのも良い点です。

ただ、外から敷地内の様子が見えすぎてしまうのが気になる…というときには、玄関ドアの位置に配慮したり、植物を適度に取り入れたりなど、何らかの工夫が必要です。

クローズ外構の特徴

7

クローズ外構は、外からの視線をシャットアウトしやすいのが特長です。塀の高さによって、どのくらい視線を遮るかを調整することもできます。また、植物が隣地に伸びていくのを防ぎやすいというのもメリットです。

ただ、外部からの侵入者が隠れる場所ができてしまうのが心配…という場合は、防犯砂利やセキュリティシステムなどの利用も考慮に入れ、防犯対策を立てるとよいでしょう。
もちろん、オープン外構でも、気になる場所にはこのような防犯対策が必要となります。

両方のいいとこ取り、セミクローズ外構

オープン外構、クローズ外構の中間的な外構スタイルが、「セミクローズ外構」(セミオープン外構と呼ばれることもあります)。門まわりには門扉や塀を設けつつ、カースペースはオープンにするなど、敷地の一部を開放的にする様式です。

適度に外からの視線を遮る壁やフェンスを設けながら、光や風が敷地内にある程度入るようにでき、フレキシブルなエクステリアプランを立てることが可能となります。現在日本の住宅に増えてきた外構スタイルです。

オープン外構、クローズ外構、セミクローズ外構のそれぞれの特徴を比較しながら、ぜひお家のプランに一番合うスタイルを取り入れて、生活しやすいエクステリアの実現を目指してくださいね。

コラム Disigner’s eye 外構デザインの視点から

こんな記事も読まれています