HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

彦根市・長浜市・米原市の外構実例写真集

天然木に包まれたやわらかなエントランス天然木に包まれたやわらかなエントランス

天然木ならではの素材が建物まわりをやわらかな印象に。建物の外壁に合わせ、一体感のある門まわりになりました。植栽が映えるナチュラルテイストな空間に仕上げました。

シンプルで上品シンプルで上品

黒一色の建物が引き立つよう、エクステリアには色をあまり使わないよう心がけました。門柱に貼った大判のタイルや直線的な手すり、カーポートのシルバー色がシャープな印象となり、植物のグリーンが鮮やかに映えます。

スムーズな動線スムーズな動線

建物玄関からガレージまでの動線がスムーズになるよう、L字型の階段を設けました。また、門柱やサンルームなど硬い印象のある構造物には、植物や自然石をあしらうことでやわらかくナチュラルに仕上げました。

丈夫でひろびろ
丈夫でひろびろ

新築のときに植えた樹木をそのまま残し、カーポート枠をカット。車2台分のスペース+自転車置場の屋根を作りました。樹木を残すことで駐輪時にも自転車が見えにくく、多雪にも対応した丈夫なカーポートです。

可愛い隠れモチーフのアクセント可愛い隠れモチーフのアクセント

柔らかい雰囲気の中に、よーく見ると隠れたモチーフが。門柱に大胆に貼った自然石も目を惹くデザインになっています。

ガレージスペース拡張でスッキリ!

滋賀県ではガレージを2台以上設置しているお宅が多く、敷地の大半がガレージに占拠されてしまうケースも多く見受けられます。今回のリガーデンでは門柱を建物側に移動し、以前はポツンと置かれていた物置を門柱裏に隠すことで、いかにも「ガレージ」の感じをなくすように計画しました。また、ポストが埋め込まれている壁の裏側には、お子様のプール遊びなどにも大活躍の大きなウッドデッキを設置。これからの庭生活が楽しみなリガーデンになりました。

いまあるものを再利用

手つかずの庭を見た目よく、かつメンテナンスしやすくする為、石で花壇を作り、茶色の砂利の下には防草シートで雑草対策。花壇を作ることで植物の世話がしやすくなり、その材料としたのはご自宅にあった石。再利用することで処分費や材料費のコストパフォーマンスにもすぐれたリフォームになります。

ステージのような階段ステージのような階段

玄関ポーチは本来、住宅メーカーが作ることが多いのですが、今回は当社で施工しました。浮き階段のようなアプローチにすることで、玄関までをリズミカルに駆けあがることができます。

さりげなく丈夫に

地盤が沈下したせいか、タイルが割れたりはずれてしまっていた階段を補修。車のタイヤが乗る可能性を考え、厚みのある丈夫なタイルを使用しています。

玄関へ導くアプローチ玄関へ導くアプローチ

明るい色のカラーコンクリートにアンティークレンガのアクセント。周りを砂利や植物にすることでアプローチをくっきりと引き立て、さらに奥行きを感じさせるために道幅を少し細くしています。門柱には建物と同じ洋瓦で合わせました。

建物とのトータルバランス

モノトーンな外観の建物に合わせ、白と黒のツートンカラーで構成。シャープな印象を強調する為に細いボーダータイルで縦貼り、横貼りと組み合せ、横貼り正面の門柱の幅を広くデザインすることで、どっしりとしたエントランスとなりました。

ローメンテナンスなナチュラルガーデン

門柱に使用したのはアルミ素材でできた木調角材。その右側面にはインターホンを取付け、来客者が玄関付近まで来るまでのワンクッションに。逆にポストは玄関に近付け、家から取り出しやすい配置にしています。アプローチ部分は植栽スペース以外を固めて、雑草対策も万全です。

自然石を引き立てる為に自然石を引き立てる為に

家の外壁や内装にも石材を多く使い、住宅地の入り口にあたる角地に立地するK様邸。玄関を見えにくくする為、高めの門柱で目線を隠し、二重にすることで圧迫感が出にくいようにしました。門柱は縁を塗り壁で仕上げ、自然石が引き立つようにしました。

やわらかな駐車場
やわらかな駐車場

丸みを帯びた門柱に丸みを帯びたガレージ。素材はコンクリートでも線を丸くすることで、冷たい印象のガレージも柔らかい感じになります。今後、目地に植えた植物の成長が楽しみな駐車場です。

アプローチ兼ガレージアプローチ兼ガレージ

門柱、アプローチ共に石材を白目地で仕上げ、上品なエントランスに。門柱をアールに積み上げ、奥の自転車置場を見えにくくしています。また、アプローチは来客時のガレージスペースとしても活用できます。

影を愉しむ影を愉しむ

白一色の建物に映えるよう、厚みと凹凸のある石材を使った門柱は存在感抜群の家のシンボルとなり、下からのライトアップで一層引き立てるように計画しました。また、対となる場所にモミジを植栽し、葉の影が建物に映し出されるようになっています。

デザインと使い勝手デザインと使い勝手

間口の広い敷地に凹凸のある石材を使った門柱で、存在感が出るようにしました。また、玄関正面の壁を高くして目線をカット。壁の幅をスリムにして、格子との組み合わせで圧迫感を解消しました。埋め込みポストが玄関を出たところにあるので、使い勝手も抜群です。

建物を引き立てるために
建物を引き立てるために

漆喰仕上げのナチュラルテイストの建物を引き立てるため、門柱は建物より少しうすい色の漆喰で仕上げ、木調アルミの枕木でアクセント。角地で道路に面しているので、門柱は曲線の形にして、泥はねで足元が汚れないようにレンガタイルを貼っています。

1 / 3123