HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

滋賀の外構 実例写真集

ガレージスペース拡張でスッキリ!

滋賀県ではガレージを2台以上設置しているお宅が多く、敷地の大半がガレージに占拠されてしまうケースも多く見受けられます。今回のリガーデンでは門柱を建物側に移動し、以前はポツンと置かれていた物置を門柱裏に隠すことで、いかにも「ガレージ」の感じをなくすように計画しました。また、ポストが埋め込まれている壁の裏側には、お子様のプール遊びなどにも大活躍の大きなウッドデッキを設置。これからの庭生活が楽しみなリガーデンになりました。

シックな外まわりに変身

門扉のついたセミクローズ外構を広々使えるオープン外構に、とのご依頼。木製の門柱とレンガ花壇が外まわりの印象をUPし、シンプルナチュラルですがシックなカラーで全体をまとめることで、かっこいい外まわりに生まれ変わりました。

横格子のアクセント横格子のアクセント

アルミ部材を組み合わせて作ったオリジナル門柱は、細横格子と表札のラインが見事にマッチ。外まわりの顔にふさわしい、存在感のある門柱に仕上げました。

コンサバトリー感覚のガーデンルーム

まるで英国風コンサバトリーのような高級感溢れるガーデンルーム。ラグジュアリーで心地良い、もう一つのリビング空間が出来上がりました。

ウッドデッキのある暮らしをもう一度

天然木材のウッドデッキと2階バルコニーのやりかえのご依頼。老朽化の為、天然デッキを樹脂デッキに変更し、2階バルコニーの床はハードウッドのデッキに変更。新築時に使っていたデッキもリニューアルして、再びウッドデッキライフのスタートです。

モダンでアンティークモダンでアンティーク

建物外観はモダンで、内装はナチュラルテイストなお客様のお家。素材選びにこだわり、メンテナンスの必要がないもので風合いが出る、アンティークレンガやリアルな木調タイルを使い、モダンでアンティークなエントランスに仕上げました。

育ててゆく庭育ててゆく庭

広いウッドデッキに広い芝生、軽やかに仕切ったハードウッドのフェンスは劣化が少なく、お子様も安心して遊べる庭となりました。今後はお子様と植物の成長を眺め、楽しめることでしょう。広い芝生の水やりには、タイマー式のスプリンクラーを設置しました。

いまあるものを再利用

手つかずの庭を見た目よく、かつメンテナンスしやすくする為、石で花壇を作り、茶色の砂利の下には防草シートで雑草対策。花壇を作ることで植物の世話がしやすくなり、その材料としたのはご自宅にあった石。再利用することで処分費や材料費のコストパフォーマンスにもすぐれたリフォームになります。

ステージのような階段ステージのような階段

玄関ポーチは本来、住宅メーカーが作ることが多いのですが、今回は当社で施工しました。浮き階段のようなアプローチにすることで、玄関までをリズミカルに駆けあがることができます。

ホワイト×ブラックホワイト×ブラック

モノトーンの建物に色味を合わせたシンプルモダンエクステリア。黒色の外壁の前に白を配置することで門柱が引き立ちます。アプローチの細かい縦ラインがシャープな印象を与え、目線を玄関へと導いてくれます。

シンプルで上質シンプルで上質

必要なモノ以外の装飾はせず、表札とインターホンも上質な商品を取り付け、シンプルでありながら存在感のある門柱に仕上げました。アプローチには黒タイルで引き締めつつ、車のタイヤが乗る部分に厚みのある石材をつかい、ひび割れ防止にも考慮しています。

安心感とデザインの組み合わせ

建物の雰囲気に合わせ、全体的にブラウントーンでまとめました。色のトーンは統一しつつ、目隠し・門柱のデザインに変化をもたせ立体感ある仕上がりに。

ヨーロッパの街並み感じる、ナチュラルエクステリアヨーロッパの街並み感じる、ナチュラルエクステリア

猫の表札とビスケットのポストが目を惹く、シックでかわいい印象の門まわり。植栽とアーチの間を潜り抜けながらどこかヨーロッパの雰囲気感じる空間に仕上げました。

川の流れをイメージ川の流れをイメージ

川の流れをイメージしたアプローチ。白い乱形石に水色のモザイクタイルで川のアクセントを付けました。鮮やかなモザイクタイルが南国風のエクステリアにピッタリです。

庭にもう1つの部屋を

長年大切に使ってこられたウッドデッキでしたが、老朽化のため、耐久性のあるタイルテラスへと作り替えました。新たにガーデンルームを設けることで、広々としたタイルテラスを室内の延長のようにも活用でき、生活スタイルの幅も広がることでしょう。

デザインとはデザインとは

道路から玄関ドアまでの限られたスペースを活かすのは外構デザインの腕のみせドコロ。小刻みの階段ではなく、門柱の周りを回遊させるようにステップを設けることで、視覚的にも感覚的にも広さを感じられます。変形地のため、建物と道路が並行せず角度がついている点をデザインに取り込んでいるのがミソ。「主張する」ことがデザインじゃないんです。

さりげなく丈夫に

地盤が沈下したせいか、タイルが割れたりはずれてしまっていた階段を補修。車のタイヤが乗る可能性を考え、厚みのある丈夫なタイルを使用しています。

玄関へ導くアプローチ玄関へ導くアプローチ

明るい色のカラーコンクリートにアンティークレンガのアクセント。周りを砂利や植物にすることでアプローチをくっきりと引き立て、さらに奥行きを感じさせるために道幅を少し細くしています。門柱には建物と同じ洋瓦で合わせました。

1 / 2012345...1020...最後 »