そとや工房ロゴ

50、60代のこれからの
外構リフォーム
Garden Reform

メインがぞ

家のデザインが古くて庭が新しいと変じゃないかな?

外構・外構リフォームを行う際の注意点として、全体のイメージを大切にすることが挙げられます。家のデザインと、外構・造園部分があまりにかけ離れてしまっては、調和のとれたデザインとは言えません。

しかし、最終的には、お客様の好みが一番だと考えます。実際に住むのはお客様です。デザイナーの好みを押し付けてしまうと、お客様の満足度が下がってしまいます。一方、プロとしてアドバイスを求められている以上、安全性や持続性、使い勝手、客観的視点による調和の有無等は、お話させていただきますので、ご安心ください。

安全性以外の部分に関しましては、最終的にお客様の判断に委ねることが一般的です。

質問

機能性に加え、安全対策も十分に。
安心して暮らせる庭を作り出します。

例えばリフォームをする際の要望として「ウッドデッキが欲しい」という要望があったとします。そしてそのの言葉の裏には「庭でBBQがしたい」「天気の良い日に、庭でお茶が飲みたい」「日曜日は家族4人で、ウッドデッキで朝食がとりたい」「ガーデニングを含め、庭での過ごす時間を楽しみたい」など、様々な思いが込められています。

機能性ももちろん考え、そこから更に安全対策も十分に考えること。
それがプロの仕事となります。

表ではお客様の希望内容に基づく提案内容の一例をご紹介しています。あくまで一例であり、実際にはお客様のご希望、現在のお家の形状等、様々な条件を元に、ご提案させていただきます。

  • 家族4人で朝食をとりたい。BBQがしたい。
  • テーブルと椅子を置くスペースと落下の可能性を防ぐ広さを検討
  • ガーデニングと共に庭を楽しみたい
  • ガーデニングの合間に腰掛けられるよう、フェンスは設置しない
  • 子どもが遊ぶスペースにしたい
  • 落下防止のため、フェンスを設置、必要箇所にクッション材を。