そとや工房ロゴ

大丈夫ですか?ペットの身近にある有毒な植物

2020 年 2 月 9 日 カテゴリー:京都店ブログ
  • 記事執筆者:林匡孝
  • 林匡孝

 

 

 

人に有毒な植物があるように

 

ワンちゃんやネコちゃんにも同様に有毒な植物が存在します。

 

 

 

 

タマネギは有毒!という話は有名ですね。

 

それ以外にも意外と身近な、どこの家庭にもあるような植物が有害な事があります。

 

 

また、同じ植物でも 花、葉、根、種 など有毒な部位が違いますので

 

有毒部位と症状を 一部ですが紹介しておきます🍄

 

 

 

アセビ

漢字で書くと「馬酔木」 馬が食べると酔ったようになる木。 陽気でハッピーなカンジを受けますが

 

有毒部位:葉・枝・花を含めた全株

症状: 嘔吐、下痢、視力異常、痙攣、呼吸マヒ、死亡

 

酔っぱらってるなんて甘いもんじゃない

 

馬ほどの大型動物でもフラフラになるぐらい死にかける

鈴なりに花をつける可愛い様相からは想像できないキツイ症状があらわれます。要注意です!

 

 

 

 

 

アジサイ

庭木の代表格といえる植物ですが、じつは有毒

 

有毒部位: 蕾

症状 :嘔吐、痙攣、昏睡、多食で死亡

 

近年、たくさんの品種が出回り、さまざまな花形や花色で母の日のプレゼントとしても人気

青い花のアジサイの花言葉は「辛抱強い愛情」

ピンクのアジサイの花言葉は「元気な女性」

プレゼントで渡す際は、有毒性のことは忘れて、後ろめたさは捨てましょう。

 

どの状態が蕾で、どうなれば花なのか分かりづらいですが・・・要注意です!

 

 

 

 

 

クリスマスローズ

寒期に花を咲かせ、多様な花咲や花色があることから人気な多年草

 

有毒部位:全草・特に根

症状 :口腔の灼熱感、腹痛、胃炎、嘔吐、下痢、血圧低下、心臓マヒ、死亡

 

「キレイなバラには棘がある」どころじゃなさそうですね

冬場に寂しくなりがちな お庭や花壇のアクセントに最適な人気者ですが・・・要注意!

 

 

 

他にも、

アサガオ 種子 には、嘔吐、下痢、幻覚、血圧低下

スイセン鱗茎 には、嘔吐、下痢、胃腸炎、心不全(猫)

スズラン 全草 には、嘔吐、下痢、腹痛、不整脈、心不全

 

皮膚のかぶれ 程度であれば トマト の 葉や茎 に含まれる有害成分で症状があらわれます。

 

 

 

身近で強い中毒症状がある植物の一部を紹介しましたが

 

キキョウ、ボタン、ヒナゲシ、フクジュソウ、ジャガイモ、ヒアシンス、プリムラ、ロベリア 等々

 

症状の重軽はあれど、お住まいのお庭や花壇に植わっている植物が有毒な場合がありますので

一度、注意して調べてみては如何でしょう。

 

スズランやスイセンなど、

茎が有毒部位の植物を、切り花で刺した水にも強力な有毒物質が含まれる事がありますので

 

喉が渇いたペット達が うっかりペロっと なんてことも起こりえます。

 

 

 

いろいろ口にする癖があるワンちゃんや、なんにでも興味をもってジャレるネコちゃん

 

うっかり口に、触れた手を目や口に、ということもあるので

 

お庭や鉢植え、花壇で育てている場合は

 

柵を作ったり、植え替えなどの作業中に球根などを放置しないよう対策、注意をしてあげて下さい。

 

 

 

 

ちなみにですが、、、 室内にある観葉植物にも有害植物があります。

ポインセチア、アンスリウム、モンステラ 等々 もその一部です。。。 ご注意を(*_*)

 

 

 

 

逆に、人やペット に有益な植物もたくさんあります。

 

合わせて調べて下さい! 植物を嫌いにならないように(^^)