高低差を活かして、より高級感のあるエントランスに(宇治市)

top-w5742

立地条件を活かしたデザインでクラッシックなファサードをご提案。
アイアンで統一した門扉、フェンス、手摺が厳かな雰囲気を醸し出しています。

【point1】濃淡のバランス

壁面、門柱のベージュとアイアンの黒の対比がとても綺麗です。
白の面ボリュームに細い線のブラックが上品な仕上がり。
フィンランド製のポストBon Bobiが立派なガーデンアクセサリーになっています。
クローズドタイプの外構ですがアプローチ内側から郵便物が取り出せるようにアイアン手摺の縦格子部分を一部加工しました。

【point2】レトロな小物使い

門柱のアクセントには 真鍮切文字を貼り付けています。
門扉のラインに沿う形で貼り付けた切文字はかっこよくもあり、可愛くもあります。
門灯もアンティークガラスのような味わいのあるデザインをチョイス。

【point3】控えた塀の意味

道路境界と塀の間に角柱とライトを配し、道行く人のちょっとしたアイスポットに。
面積の多い壁面に、板石貼りや角柱を配置することで変化を持たせてあるためのっぺり感を感じさせません。
ライトは真鍮枠がレトロなマリンランプに。