そとや工房ロゴ

木調タイルをあしらった門柱(犬上郡)


 
採用したタイルは木目の凸凹がリアルな「ドルフィン」。
 
木目調のタイルで縦方向に目地が入った場合、「貼っている」感が出てしまい、ナチュラルなエントランスの印象を損ねてしまうことがあります。
 
ですので、今回は縦目地を入れないように、門柱の幅をタイルに合わせて設計しました。
 
また、タイル面にポストや表札を取り付ける際にヒビが入ってしまう可能性を考え、目地に合わせてすっきりと取り付けました。
 
表札やポストの口金もウッド調のもので揃え、統一感のあるナチュラルなエントランスに仕上げました。