そとや工房ロゴ

きちんとと抜け感のバランス (大津市)

 
「角地を活かしたかっこいいクローズ外構」がご要望でした。
 
接道に沿ってぐるっと目隠しをしていますが、視線が集まるところはきちんと塀で隠し、抜け感があってもいい所はフェンスにして風を通し、明かりをとっています。

 
塀の連続で間延びしがちになりますが、アーチ状のフレームで高さと伸びやかさをプラスし、空間を一つにまとめています。