そとや工房ロゴ

デザインの名脇役 階段(大津市)

高低差があるお土地は、外構で造作する階段が複数段になります。

今回は正面から見た時にその階段が丸見えにならず、スッキリとした外観になるよう門柱の位置を考えました。

建物は積水ハウスの美しく水平にのびる庇が特徴で、その佇まいに引けを取らない堂々とした門柱をご提案。

ただ、門柱だけを幅広にするのではなく、足元の階段も末広がりにすることで 自然な流れで広がりと安定感が感じられます。

階段の1,2段目はあえて浮階段として意匠性をもたせ、階段もデザインの一部に取り込みました。

ご相談から工事までのフロー
ご予約
資料請求