そとや工房ロゴ

大阪で外構工事をするなら知っておきたい!外構工事で失敗しないための対策とは?

2020 年 3 月 9 日 カテゴリー:大阪店ブログ
  • 記事執筆者:sotoyakobo
  • sotoyakobo


 
「外構工事で失敗しないための対策とは何だろう」
「外構工事の失敗例にはどのようなものがあるのだろう」
このようなお悩みをお持ちの方はいませんか。
今回は、そのようなお悩みをお持ちの方に向けて、外構工事における失敗例や失敗しないための対策について大阪の外構工事業者が解説します。

 

□外構は家の印象を決めるポイントである

 

そもそも外構は家の印象を決めるポイントです。
なぜなら、外構は外観を作る要素であるからです。
たとえば、どの外構を置くかによって外観は変わりますよね。
外観によって家の印象は変わるので、外観を構成する要素の1つである外構は、家の印象に大きな影響を与えます。

 

□外構工事における失敗例

 

外構工事における失敗にはどのようなものがあるでしょうか。
以下でよくある失敗について3つ紹介します。

 

*コンセントをつけなかった

 

外構工事においてコンセントをつけなかったという失敗はよくある失敗です。
わざわざ外構工事でコンセントを設置する必要はないと思われている方もいるかもしれません。
しかし、コンセントを設置していないと、後でコンセントをつけておけば良かったと後悔するケースが多いです。

たとえば、外構工事を終えた後で、外壁が汚れたので高圧洗浄機を利用したい、外での作業は暑いから扇風機を使いたいといった際にコンセントの穴がないため、それらを使えないといったケースがあります。
さらに、駐車場が暗いので電灯を取り付けようとした際にコンセントの穴がなくて後悔するといったケースもあります。
コンセントの穴を設置して後悔することは基本ありません。
お金に余裕があれば、外構工事の際にはコンセントを設置することをおすすめします。

 

*カーポートが小さすぎる

 

カーポートが小さすぎると、そちらを設置した後で車を買い換えた際、問題が発生することがあります。
たとえば、家族の増加に伴い、設置当時よりも大きな車に買い換えたことでドアを開閉するスペースが広くなり、カーポート内でのドアの開け閉めが困難になることがあります。
さらに、高さのある車に買い換えた際にカーポートの屋根にそちらがぶつかって駐車できないなんてこともあるでしょう。

カーポートを選択する際は所有している車の台数や車種から適したものを選ぶ方が多いと思います。
しかし、カーポートを選ぶ際には、そのようなことだけでなく車の買い換え後のことも考慮して、あらかじめ少し大きめのカーポートや柱が長く高さのあるカーポートを選ぶことも考えておくと良いでしょう。

 

*メンテナンスが何度も必要になる

 

なんとなくで外構の素材を選ぶことで外構工事後に何度もメンテナンスが必要となる外構になる可能性があります。
たとえば、ウッドデッキを設置する際に劣化の早い天然の素材を選んでしまい、数年に1度のスパンで補修のメンテナンスすることになり後悔するケースがあります。
このような失敗は、劣化しにくい素材である樹脂や人工木を選ぶことで回避できます。
ただし、天然の素材は耐久性は低いですが、天然の素材にしか出せない風合いもあるので、耐久性と風合いのどちらを重要視するかを素材選びをする上で考える必要があるでしょう。

 

□外構工事で失敗しないための対策

 

外構工事で失敗しないためには、2つのことに気を付けると良いです。
まず、外構は流行やデザイン性よりも使い勝手を優先しましょう。
なぜなら、流行やデザイン性だけで作った外構は、年齢を重ね、家族構成が変化していく中で生活にストレスを与えやすい外構となる可能性が高いからです。

たとえば、使い勝手も無視した外構だと、車や自転車が出しにくい、洗濯物や布団を干しにくいといった問題が発生しやすいです。
さらに、デザイン性を重視してコンセントを取り付けないことにより、後でコンセントがちょうどよい場所にないと後悔することもあります。

もちろん、外構に流行やデザイン性を取り入れることは良いことです。
ただし、それ以上に使い勝手の良さを外構工事では最優先に取り入れるようにすると良いでしょう。

次に、耐久性の高い素材を選びましょう。
こちらは外構工事後に外構のメンテナンスを頻繁に行いたくない方が気を付けるポイントです。
天然木を素材として選ぶと色褪せや腐食といった問題は避けられず、定期的なメンテナンスが必要になります。
そのため、頻繁にメンテナンスを行いたくない方はタイルといった耐久性や防汚性に優れた素材を選ぶようにすると良いでしょう。

 

□依頼する前にチェックすべきポイント

 

外構工事を業者に依頼する前にチェックすべきポイントは、その業者が目的としている工事を得意としているかということです。
外構工事業者の中には、工事経験の少なさから外構工事の中でも得意な分野が限られている業者もいます。
そのため、安心して工事を依頼するために、目的としている工事の経験が豊富な外構工事業者を選ぶようにすると良いでしょう。

 

□まとめ

 

外構工事における失敗例や失敗しないための対策について解説しました。
また、当社は滋賀や京都、大阪で外構工事に関するご依頼を承っている外構工事業者です。
業者だからこそ分かる契約までに知っておきたい情報や打ち合わせのコツについて知りたい方はぜひ一度当社へお問い合わせください。