そとや工房ロゴ

大阪の外構工事のプロが解説|外構につけるライトの種類と設置位置

2019 年 10 月 30 日 カテゴリー:大阪店ブログ
  • 記事執筆者:sotoyakobo
  • sotoyakobo


「外構にどのようにライトをつけるか悩んでいる。」
「エクステリアをおしゃれにしたい。」
「どこにライトをつければいいかわからない。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
ライトの配置によってエクステリアの見え方は大きく変わります。
そのため、ライトの種類や配置、光の当て方など様々な点に気を配る必要があります。
しかし、種類や配置、光の当て方といっても、具体的な方法が分からないという方も多いと思います。
そこで今回は、ライトを有効に使う方法と配置の考え方についてご紹介します。

 

□ライトの種類

以下では、よく使われるライトの種類についてご紹介します。

*スタンドタイプ

玄関へのアプローチや庭などに設置できます。
庭につけることで境目を表すこともできます。
また、明かりが下から照らされるため、ギラギラとした明かりではなく、優しい明かりになります。

*スパイクスポットタイプ

おしゃれな雰囲気のお店によく使われている、壁面などを照らす明かりです。
壁面を照らすことで、奥行き感を出せます。

*スポットライトタイプ

壁面から目的の場所に光を当てられるライトです。
目的の場所が離れている場合でも使えるため、使い勝手が良いです。

*ポール灯タイプ

足元からぼんやりと明かりをあてるタイプです。
庭や通路につけることで、優しい雰囲気を演出できます。

*センサータイプ

センサーがついており、人を感知すると照明が点くタイプです。
玄関や裏口に付けられることが多く、防犯対策に効果があります。

 

□ライトが付けられる場所

以下では、ライトがよく設置される場所についてご紹介します。

*玄関部分

玄関周りは、普段から目に付きやすい場所であり、毎日使われる部分です。
そのため、玄関周りにはよく設置されます。
特に、家の門、門から玄関までの通路、玄関の3カ所に使われます。
これらの場所に設置することで奥行き感のある玄関を演出できます。
それぞれのライトの役割に合わせてライトの位置を変えていくことが重要です。

*裏口、隣の家周り

こちらの場所には、防犯対策のためにセンサータイプのライトが付けられる傾向にあります。
LED照明にすることでメンテナンスが楽になります。
また、寿命が長いため突然明かりが切れる心配が少なく、安心して使い続けることが可能です。

*庭

庭は明かりを調節することで、好みに合わせて演出できます。
全体を照らしたり、一部分だけを強調して照らしたりなど季節や好みに合わせて庭を演出できます。
特に植物を綺麗に見せるにはスポットライトが効果的です。
また、カラータイプの照明をつけることで、庭全体の雰囲気を変えられます。

 

□ライトの選び方

以下では、失敗しないライトの選び方についてご紹介します。

*場所に合わせる

ライトを選ぶ上で重要な点は、ライトを選んで配置を考えるのではなく、配置する場所に合わせてライトを選ぶことです。
ライトには様々なタイプや色、形状があります。
そのため、置く場所によってはうまく馴染まない可能性があります。
まずは置く場所にどのような雰囲気や効果を与えたいかを考えて選ぶことが大切です。

*コンセント

ライトの種類によっては、コンセントが必要になる場合があります。
そのため、ライトを選ぶ際はコンセントに差し込んで使うタイプなのか、配線工事が必要なタイプのものなのかを選ぶ必要があります。
また、センサータイプのように自動で点いたり消えたりするタイプを組み合わせることでより良い空間を作れます。
太陽光で明かりがつくタイプのものは配線やコンセントが必要ないため、簡単に使えます。
しかし、明かりが強くなく耐久性が若干低いことがデメリットです。

*メンテナンスのしやすさ

ライトは常に外に出ているため、汚れが付着しやすいです。
汚れが付着していると故障の原因や景観の悪化につながります。
そのため、できるだけメンテナンスが簡単なものを選ぶことが大切です。

 

□明かりのポイント

ガーデニングでライトを使う際は、強い光ではなく弱い光を使うことをおすすめします。
弱い光にすることで、優しい印象や趣のある印象を与えられます。
一方で、強い明かりは防犯対策として役立ちます。
強い光をあてることで、侵入者に対して威嚇にもなります。
また、室内からでも明かりに気づけるため、何かあった際にすぐに対応できます。

 

□まとめ

今回は、ライトを有効に使う方法と配置の考え方についてご紹介しました。
ライトには様々な種類や配置場所があります。
配置場所や種類によって与える印象が異なります。
そのため、まずはご自身がライトでどういった効果をもたらしたいかを考えることが大切です。
今回の記事を参考にライトについて検討してみるのはいかがでしょうか?
当社は大阪を中心に外構工事を行なっているエクステリアデザインのプロです。
庭や外構を、機能を重視しながらおしゃれにデザインできます。
何かご相談したいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。