そとや工房ロゴ

大阪で外構工事をご検討中の方へ!そもそも外構工事とは何なのか説明します!

2020 年 3 月 27 日 カテゴリー:コラム Disigner’s eye
  • 記事執筆者:sotoyakobo
  • sotoyakobo


 
「外構工事について詳しく知りたい」
「そもそも外構って何のことだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、実際に外構工事について知る機会はなかなかないですよね。
そこで、今回の記事では外構工事について詳しくご紹介いたします。

 

□外構工事とは何か?

 

そもそも外構とは、門やアプローチ、庭、フェンス、植栽、駐車場といった敷地内における建物周辺のすべての構造物のことを言います。

外構はデザイン・機能・快適性の3点を向上させる役割があります。
そして、住環境を構成する大切な1つの要素でしょう。
そのため、外構によって住環境は大きく変化します。

外構は機能を向上させる役割がありますが、その機能とはどのようなものなのでしょうか。
外構に必要な機能とは、プライバシーの保護・駐車スペースの確保・防犯・防風、遮音・敷地境界の標示の5つと言われています。
外構以外に地域環境や土地、建物によっても住環境は大きく変化するものですが、その変化した住環境に合わせて外構が上記の機能を向上させられるよう外構計画を進めていく必要があります。

そして、外構工事とは建築物本体ではなく屋外の敷地内の部分の工事のことを指すと言えるでしょう。
つまり、外構と建築物の周り全体の工事のことです。
基本的に建築物の外側にある足場の解体が終了してから始まり、工事全体でみると後半で行われる工事になります。

 

□外構工事の内容

 

外構工事で行われる工事にはいくつか種類がありますが、それらを以下で説明していきます。

 

*道路舗装工事

 

敷地内の土がむき出しになっている箇所を路面に施工していく工事です。
アスファルトやコンクリート、インターロッキングを使い舗装し、建築物と公共道路を繋ぎます。

工事を始める前にガス管・上下水道・電気といった設備の配管工事や道路の基盤となる地盤の構成、敷地と道路の高さの違いを考えて工事計画を立てていきます。
これは、この工事が下の土を舗装し塞いでいく作業になるためです。

 

*植栽工事

 

植栽を植える場合に必要な工事です。
植栽とは、庭や玄関周辺、門、堀といった敷地に植えられる多種多様な樹木や草花のことを言います。
視覚的に人々の生活を豊かにするだけでなく、場合によっては災害時の避難場所になったり室温調節の役割も果たしたりするものです。

この工事は、植栽を植えるために穴を掘るだけではありません。
植栽がすくすくと成長できるようその植栽に適した土の搬入も行います。

また、他の工事とスケジュール調整しながら進めていく工事でもあります。
樹木の種類により植樹時期が制限されるため、工事完成までに成長させ定着させる必要があります。

 

*屋外工作物工事

 

門や浄化槽、車庫、自転車置き場、塀といった人工的に作成したものを屋外に設置します。
ただし、車庫は建築物本体と見なされることもあります。
この工事では境界線を意識して敷地外に設置しないよう注意する必要があります。

 

□外構工事の流れ

 

まず、外構工事の構想を固めます。
外構に関する書籍やインターネットの情報からどのような外構にしたいのか自分である程度イメージしましょう。

次に、工事を請け負ってくれる業者を探します。
いくつかの外構工事業者に候補を絞り、それぞれに見積もりの作成を依頼しましょう。
見積もりの作成が終わったら、業者を比較するポイントをもとに1社に絞り込みます。

比較するポイントとして、1つ目は建築業許可をもっているかどうかということです。
建築業許可が下りるためには専門の資格者が社内にいることと経営に関する資料を提出することが必要です。
そのため、建築許可を持っているということは、その会社には一定以上の技術力や信用があると見なせるでしょう。

2つ目は対応が丁寧がどうかということです。
見積もりや現地調査の際に本当に信頼できる業者か見極めるようにしましょう。
工事担当者の態度が悪かったり、工事前に隣地に立ち入る承諾をもらおうとする素振りが見えなかったりするようであれば依頼しない方が良いでしょう。

そして、依頼する業者が決まったら、外構工事の契約を締結します。
契約が締結したらよくやく工事が始まります。
基本的に外構工事は建物の足場が撤去されてからスタートしましょう。

これは建物の工事中は建物の周辺に足場が組まれているため、工事を行おうにも行えないからです。
また、屋外での作業となるため、天候が悪い日が続くと工期がずれこむことがあるので注意しましょう。

最後に、工事が完了したら引き渡しとなります。
このとき、外構に不具合があれば業者に依頼しますが、基本的には自分自身でメンテナンスしていくことになります。

 

□まとめ

 

以上、外構工事についてご紹介いたしました。
この記事が外構工事の内容や流れを知りたいと考えられてた方にとって参考になれば幸いです。
また、当社は外構工事のご依頼を承っている外構工事です。
滋賀や京都、大阪で外構工事を検討されている方はぜひ一度当社へご相談ください。