HOME そとや工房について 会社概要 リガーデン 施工実績ピックアップ アイテムギャラリー デザイナー 店舗案内 ニュース・プレス Q&A コラムDesigner's eye お客様の声 資料請求・お問い合わせ

種類は?目的は?塀の設置について考えよう
2017年5月27日




種類は?目的は?塀の設置について考えよう

隣家や道路との境界に設置する塀は、防犯対策やプライバシーの確保など大切な役割を持つエクステリアです。今回は、塀の主な種類や設置する目的、設置時の注意点に注目してみましょう。

塀の主な種類

昔ながらの日本家屋では、竹垣や土塀などが主流でしたが、近年に建築された家では金属製のフェンスやブロック塀、ウォールなど、建物のテイストに合わせてさまざまなタイプが取り入れられています。なかには、ブロック積みの上にフェンスを設置した塀や、ウォールの切れ目にフェンスを取り付けた塀など、凝ったつくりのものもあります。また、生垣は手入れの手間はかかりますが、緑の美しさを楽しむことができます。

塀を設置する目的とは

塀は、以下のような目的で設置します。

0境界の明示

隣家、または道路との境界を示す目的です。都市部では戸建て住宅の敷地が狭いことが多く、塀と建物に間隔をあけるのが難しい場合があります。そのため、プライバシーの確保に重点を置いた塀を選ぶ必要があります。

0防犯対策

塀には、外部からの侵入を阻む効果があります。背の高い塀には侵入を試みる者に心理的圧迫感を与える一方で、いったん侵入を許すと外部からの発見が困難になるというリスクもあります。

0目隠し

外部から家の中が丸見えにならないように、目隠しをする目的です。プライバシーの確保にばかりとらわれると、採光や風通しに影響が出るので、バランスを考えることをおすすめします。

境界線に塀を設置する際は隣家の確認作業をお忘れなく

隣家との境界に塀を設置する場合は、当然ながら境界の内側に配置します。また、事前に隣家との確認作業をし、承諾を得ることをおすすめします。念のためにではありますが、塀が完成したあとにトラブルとなるのを避けるためには、非常に大事なことです。

ブロック塀のおしゃれリメイク術

ブロック塀やモルタル塀が汚れてきたと感じたら、クリーニングするだけでなく塗装によるリメイクをしてはいかがでしょうか。防汚効果に優れた塗料を使えば、その後のメンテナンスが楽になります。また、塀の色合いが変わることで、気分転換にもなるでしょう。

生活スタイルに合わせた塀を設置しよう

塀の種類によって、家の印象は大きく変わります。塀を設置する目的やライフスタイルにぴったりな塀を選びたいものです。

こんな記事も読まれています