そとや工房ロゴ

大阪の外構工事業者が解説|フェンスの役割と施工について

2019 年 11 月 19 日 カテゴリー:コラム Disigner’s eye
  • 記事執筆者:sotoyakobo
  • sotoyakobo

「防犯の為にフェンスをつけたいけど、どうすればいいかわからない」
「防犯のためだけじゃなく他にもフェンスの使い道はあるの」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか
空き巣被害や泥棒被害など怖いですよね。
そこで有効になってくるのがフェンスです。
しかし、一言にフェンスといっても具体的な種類や有効に使う方法などが分からない方も多いと思います。
そこで、今回はフェンスの役割と施工方法についてご紹介します。

 

□フェンスの役割

フェンスには防犯の役割だけではなく、様々な役割があります。
以下ではフェンスの役割についてご紹介します。

*仕切りとしての役割

フェンスの大きな役割として、仕切りの役割があります。
自身の土地や範囲を表す役割があるため、不審者の不法侵入があった際にも対処できます。
また、フェンスの種類によっては不審者に侵入しづらくさせる役割もあります。

*プライバシーを守る役割

隣の住居との距離が近い場合に気になるのがプライバシーです。
フェンスを設置することで、目隠しとなりプライバシーを守れます。
また、プライバシーが外に漏れにくくなるため、防犯の効果もあります。
特に在宅中かどうかを外から判断しにくくなるため、防犯につながります。

*安全性

小さなお子様やペットがおられるご家庭にとってフェンスは安全性を上げる役割を持ちます。
お子様やペットの急な飛び出しを防げるため、安心して庭で遊ばせられます。

*デザイン

フェンスは防犯や安全性だけではなく、デザインの役割を果たします。
おしゃれなデザインのフェンスを設置することで、家の外構をおしゃれにできます。
また、フェンスには様々な種類があり、日当たりを悪くしないフェンスや風通しを悪くしないフェンスなどもあります。

*趣味に使える

ガーデニングが趣味な方はフェンスを趣味の一部として使えます。
植物のつるをフェンスに巻きつけたり、フェンスの一部にプランターを置いたりすることでフェンスを添え木として使えます。
フェンスに緑が増えることでより良いデザインとなります。

 

□フェンスを設置するポイント

*隣の家との境界線

フェンスが置かれやすい場所として隣の家との境界線があります。
この場所に設置することでお互いのプライバシーを守れます。
ただし、フェンスの高さや種類によってはご近所トラブルになる可能性があります。
そのため、この場所に設置する際はお互いの日当たりや風通しに配慮する必要があります。

*リビングや大きな窓がある場所

リビングや大きな窓がある場所にフェンスを置くことは、プライバシーの面だけではなく防犯の面からも有効です。
この場所を外から見えにくくすることで、在宅中かどうかをわかりにくくできるため、防犯対策につながります。

*道路に面している場所

この場所にフェンスを置くと、通行人の視線からプライバシーを守れます。
また、道路に面している面に玄関が置かれることが多いため、小さなお子様やペットの急な飛び出しを防げます。

 

□フェンスの種類

*アルミ形材

最も一般的なフェンスがアルミ形材です。
網目状や横、縦ラインなど種類も豊富です。
また、木目調など色調も豊富にあるため、家のデザインや門扉とも統一感を出しやすいです。

*スチールメッシュ

目隠し機能はないが境界部分としてよく使われているフェンスの種類です。
風通しが良いため強風で倒れる可能性が低いです。

*人工木・樹脂

本物の木にそっくりなため、和風の家との相性がいいです。
また、耐久性が優れており、メンテナンスが楽なことが特徴です。

 

□フェンスの施工

フェンスの施工には様々な手順があります。
以下では施工する際の手順についてご紹介します。

*土台工事

フェンスを設置する場合、まずはフェンスの柱を立てる土台工事から始まります。
主にコンクリートブロックが使われ、高い強度を持つようになります。

*柱を立てる

でき上がった土台部分に柱を立てていきます。
水平器を使い歪みがないように立てます。

*フェンス部分を設置していく

柱部分が固定されると、フェンスの取り付けが行われます。
この際に、電動ドライバーが使われることが多いため、やや大きな音がします。

 

□フェンスの手入れ

フェンスに汚れがついた場合は、水洗いやスポンジを使うことで汚れを落とせます。
金属製のフェンスは強く磨くと傷ができ、サビの原因となることがあるので強く磨きすぎないことが重要です。
また磨く際には中性洗剤を使うことをおすすめします。

 

□まとめ

今回はフェンスの役割と施工方法についてご紹介しました。
フェンスには防犯だけではなく様々な役割があります。
ご自身の目的にあったフェンス選びが重要です。
今回の記事を参考にフェンスについて検討してみてください。
当社は大阪を中心に外構工事を行なっているエクステリアデザインのプロです。
庭や外構を、機能を重視しながらおしゃれにデザインできます。
何かご相談したいことがあれば、是非お問い合わせください。