そとや工房ロゴ

大阪の業者が解説|エクステリアの防音対策とは?

2020 年 1 月 23 日 カテゴリー:コラム Disigner’s eye
  • 記事執筆者:sotoyakobo


 
「エクステリアの機能性を高めたいけど、具体的な方法がわからない」
「エクステリアにおける防音対策について知りたい」
このように感じている方はいらっしゃいませんか。
エクステリアにこだわりたいという方は多くいらっしゃると思います。
機能性の高いエクステリアにしたいという方もいらっしゃるでしょう。
ここで、人気なのがエクステリアにおける防音対策です。
隣家の人々の声や生活音が気になったり、逆に自分の声や生活音がうるさいと文句を言われたりして悩んでいる方が多くいらっしゃると思います。
そんな方には特にエクステリアにおける防音対策がおすすめです。
しかし、具体的な方法について詳しく知っている方は少ないでしょう。
そこで、今回はエクステリアにおける防音対策についてご紹介します。

 

 

☐そもそもエクステリアとは何か

 

エクステリアという言葉を知っていても、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。
そのため、エクステリアの防音対策についてご紹介する前に、まずはエクステリアとは何かについて簡単にご説明します。
エクステリアに似た言葉としてインテリアがあります。
エクステリアよりもインテリアの方が頻繁に使われますよね。
インテリアは室内の空間を意味する言葉です。
一方で、エクステリアは室外の空間を意味します。
つまり、敷地の中で、かつ家の外の空間がエクステリアです。
ここで、エクステリアに似た言葉として外構があります。
外構もエクステリアと同様、家の外に関わる言葉です。
具体的には、門やフェンスなどのことを外構と言います。
つまり、エクステリアは室外の空間のことであり、外構はその空間を構成するもののことを指します。

 

 

☐多くの人が悩んでいる騒音問題

 

騒音問題に悩まされている方は多くいらっしゃると思います。
騒音の原因はたくさんあります。
具体的に言えば、道路を車や通行人が通る際の音や電車の走る音、群衆や施設から発せられる音などがあります。
一方で、自分が騒音を発してしまっているケースもあります。
具体的には、話し声や聞いている音楽の音、楽器の音などです。
自分が騒音を発している場合は隣人とのトラブルに繋がりかねません。

 

 

☐エクステリアにおける防音対策

 

ここから、本題であるエクステリアにおける防音対策についてご紹介します。
エクステリアにおける防音対策で有名なものが主に2つあります。
以下、それぞれについて詳しくご説明します。

 

*防音フェンス

・防音フェンスとは

防音フェンスとは、その名の通り防音に特化したフェンスのことを指します。
一般的には、多孔質樹脂と呼ばれる防音材がアルミで作られたフェンスの中に入っているもののことを言います。
この防音フェンスは高速道路にも用いられています。
かなりの数の車が高速道路を走っているにも関わらず、高速道路の近くの騒音はそこまでひどくありませんよね。
実は音が出ていくのを防音フェンスが抑えているのです。

・防音フェンスのタイプ

防音フェンスには大きく分けて2つのタイプがあります。
具体的には、騒音を跳ね返す「遮音タイプ」と、騒音を吸収して跳ね返す音も軽減する「吸音タイプ」の2つです。
遮音タイプは音を遮りますが、音源側へは多くの音を反射してしまいます。
そのため、隣家との境界に設置すると、音が響くようになったと文句を言われてしまう恐れがあります。
トラブルを避けるためにも、音自体を減少させる吸音タイプを選ぶと良いでしょう。

・防音フェンスの効果

防音フェンスを設置すると、音圧レベル差で約10デジベルの低減効果があります。
いきなりデジベルと言われてもよくわからない方が多いでしょう。
人の耳の感じ方で言うと、音の大きさが約半分ほどになります。
より具体的に言えば、セミの声が新幹線の車内くらいの大きさになります。

 

*二重窓

エクステリアにおける防音対策は防音フェンスだけではありません。
もう1つの代表的なものとして二重窓があります。
二重窓は断熱をするための手段として有名です。
一方で、実は二重窓には防音効果もあります。
外部の騒音は窓から入ってくることが多いです。
そのため、窓を二重にすることで大きな防音効果を得られるのです。
この際、ガラスは「防音合わせガラス」を選ぶとより高い効果を期待できます。
ここで、二重窓にする際の工事は1時間程度しかかかりません。
そのため、手っ取り早く防音対策をしたい方に特におすすめです。

 

 

☐まとめ

 

今回はエクステリアにおける防音対策についてご紹介しました。
どのような防音対策の方法があるかご理解いただけましたでしょうか。
手間を抑えたい場合には二重窓がおすすめです。
また、できる限り防音したいという方は防音フェンスと二重窓を両方とも取り入れてみても良いかもしれません。
ぜひこの記事を参考に防音対策をしてみてくださいね。
当社は大阪を中心に外構工事を行なっているエクステリアデザインの専門家です。
エクステリアのデザインを通して、お客様に笑顔と心地良さ、そして楽しさをご提供いたします。
興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。