そとや工房ロゴ

大阪でエクステリアデザイン|庭の排水を改善する方法を紹介!

2019 年 9 月 23 日 カテゴリー:コラム Disigner’s eye
  • 記事執筆者:sotoyakobo
  • sotoyakobo

「庭の排水を改善したいが、どうすればいいの?」
「改善するための具体的な方法を知りたい!」
このようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
排水が悪いと、大雨が降ったときに困りますよね。
実際に困った経験があるけれど、何をしたら良いかわからないという方もいらっしゃると思います。
そこで、今回は庭の排水を改善する具体的な方法を紹介します。

□庭の排水を改善する方法

*地面に傾斜を作る

よく排水が悪い原因は土にあると思われていますが、そうではありません。
排水が悪い原因は、表面排水にあることが多いです。
表面排水とは、地面に傾斜をつけて、水を道路の排水溝に流すことです。
地面に浸透する雨水が3割であるのに対し、7割は地面の表面を流れています。
したがって、表面排水をすることで庭に水が溜まりにくくなります。
具体的には、スコップで表面の土を削り、別の場所に土を盛ることで傾斜を作ります。

*雨水桝を開ける

大雨やゲリラ豪雨が降ると、排水溝で水がせき止められている可能性があります。
このときは、雨水桝の縁を開けると水が流れやすくなります。
雨水桝とは、雨水を地面に浸透させる設備です。
ただし、このときに土が一緒に流れていかないように注意すべきです。
そのために、開けた穴の前には網を張っておくと良いでしょう。
また、間違えて汚水桝を開けないように気をつける必要があります。

*砂利を敷く

庭に砂利を敷くことで、水溜りをなくせます。
砂利の粒が大きいほど隙間が多くなり、水を地面に通しやすくなるので、水溜りがなくなります。
自分で手軽にできるところがこの方法のメリットです。
また、見た目も良くなり、デザイン的にも優れた方法です。
ただし、実際には排水自体が良くなっているわけではなく、見た目の水溜りをなくすための方法です。
砂利の下には水が溜まっています。
したがって、きちんと排水を改善したい場合は、他の方法も行う方が良いでしょう。

*穴を掘ってみる

庭の地層を確認することで、排水が悪い原因を探れます。
砂層の上に粘土層がある場合、粘土層が水の浸透を妨げる原因です。
そこで、砂の層まで届く穴をいくつか掘ります。
このとき、スコップでは掘りにくいので、穴掘り機を使うことをおすすめします。
穴を掘れたら、その穴に石や砂利を粘土層のあたりまで埋めていきます。
そして、その上に土を入れていきましょう。
こうすることで、水が砂層まで浸透しやすくなり、排水が改善されます。

*暗渠(あんきょ)パイプを使う

暗渠排水とは、地面に溝を掘り、そこに配水管を設置して、排水桝に水を誘くことです。
つまり、水が土の中を通って排水されるということです。
暗渠排水は、穴が空いている暗渠パイプを使います。
このパイプの上に、砂利を詰めて泥が詰まらないようにシートで包みます。
メリットは、庭の見た目は何も変わらないことです。
土の中のパイプを水が通り、排水溝に流れていきます。

*庭の地面をコンクリートにする

コンクリートにすると、表面排水が優れます。
また、土が流れにくいので、泥が堆積しないというメリットがあります。
コンクリートの傾斜の先に、排水桝や目皿を設置することで、排水を改善できます。

*浸透水脈を作る

水は自然の中で、緩やかに蛇行したり、深みを作ったりしながら流れます。
その性質を利用して水脈を作りましょう。
まずは、掘った土で高植えをして、起伏地形を作ります。
次に水脈の溝を掘り、その中に炭とコルゲート管を埋めてください。
このとき、水脈の溝を緩やかに蛇行させることがポイントです。
また、分岐を作ったり、深みを設けたりすることで、水を分散させられます。
コルゲート管の上に、有機物を入れて、植物の根を誘導してみてください。
そうすることで、泥で管が詰まることを防ぎ、半永久的な水脈が作れます。

□専門業者に依頼する

これまで排水を改善する方法を紹介してきましたが、なかなか自分で行うのが難しいものも多いです。
また、自分で行うと一時的に排水を改善できても、また排水が悪化する可能性も高いです。
したがって、これらの対処は外構工事の専門業者に依頼することをおすすめします。
外構工事の専門業者であれば、気をつけるポイントも熟知しているので、安心して任せられます。
業者を選ぶ際には、値段だけで決めずに、実績も重視した方が良いでしょう。
さらに、工事前にはしっかりと話し合いを重ねた方が良いです。
話し合いが不十分になり、後悔しないように注意しましょう。

□まとめ

以上、庭の排水を改善する具体的な方法を紹介しました。
原因を調べて、それに合わせて対処をするのが良いでしょう。
大雨の度に庭が水溜りになっている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
また、これらの作業は専門業者に依頼してみることをおすすめしました。
その際に、ご自身の希望を明確に伝えることで、理想の庭づくりができます。
当社では、大阪でエクステリアデザインを専門に扱っています。
庭や外構を、機能を重視しながらおしゃれにデザインできます。
何かわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。